懐かしい場所~癒される場所へ ♪

日曜日は主人が小学校の途中まで住んでいた木次の街の
思い出を訪ねて・・・のドライブ。

この機関車にも思い出があるそうで
運ばれてくる様子を家から見ていて写真を撮ったとか。

DSCF9883 (263x350)




木次の町並み
DSCF9888 (263x350)




散髪に行った床屋さん。
DSCF9889 (241x350)




模型やプラモデルが並んでいたそうです。
今もやっているのかな?
DSCF9891 (350x350)





学校帰りにあるものを樹の下に埋めたらしく・・・
子供らしくて笑えましたが・・・これは内緒にしときましょう。
40年以上も前のことで樹も笑っていたでしょね。
DSCF9884 (263x350)

その他 タガメの泳いでいたプール
お祭りで行った神社
くじ引きをしたお店
私には思い出はないけれど いきいきと感じられました。
街も静かで何か風情があって
素敵なところに住んでいたのだと思いました。

木次の思い出の場所をたくさん写真に撮ったので
お義父さん お義母さんにも見せてあげようと思います。
きっと懐かしがるでしょうね。





その後 尾原ダム方面へ行き
ここは尾原ダムより少し下に位置するところ。
DSCF9893 (350x263)




ちょっとした水槽には 川魚が水流にもまれながら泳いでました。
DSCF9894 (350x332)




木の手すりにはコケが生えていて赤いのは花?
マッチ棒の先の赤い帽子みたいになっていて初めて見ました。
DSCF9898 (350x263)




マイナスイオン発生中~
DSCF9900 (350x263)




尾原ダムを道からのぞいてひゃ~って気分を味わったあと

さくらおろち牧場へ。
敷地を繋がれてない馬が歩いていて逃げ出すんじゃないかと心配になりつつ・・・
GO
DSCF9906 (350x263)




こんなかわいい看板が出ています。
DSCF9908 (350x263)




着いてすぐににゃー子がやってきてスリスリと歓迎してくれて
DSCF9913 (350x335)




のしのし・・・とよく来たにゃ~ともう一匹。
DSCF9910 (350x263)




そしてもう一匹もフレンドリーに寄ってきて
しばらくしてコテンとお昼寝。
DSCF9930 (350x263)




深い眠りで手や足をかまってもびくともしません。
DSCF9931 (350x263)


この三匹は親子だそうで子猫は三ヶ月くらいとのこと。
この子猫だけでも充分癒されましたよ。
DSCF9942 (350x263)



馬もすぐ近くに。
DSCF9914 (350x263)




トコトコと歩いてきてお出迎えしてくれたのは ぼんちゃんとスタッフの方が教えてくれました。
(あ、もんちゃんと似てると内心にひひ。)
とても人懐っこい性格だそうです。
DSCF9919 (263x350)




はい ぼんちゃん写真撮るよ。いい顔してね・・・。
・・・この愛らしい顔
DSCF9918 (263x350)




ポニーもいて。
DSCF9927 (350x263)




ヤギもいて。
DSCF9920 (350x263)




馬蹄型(U字)の厩舎。ぼんちゃんも番犬勤務。
DSCF9924 (350x263)




はい!こんにちは。
DSCF9922 (350x263)





手作り看板も絵があったかくてかわいいです。
DSCF9929 (263x350)





DSCF9928 (263x350)




馬の砂浴?ゴロンゴロンしてます。
DSCF9936 (350x263)




今日の調子はどうだい?会話中。
DSCF9937 (350x263)




明後日の方を見て遠い目をする子猫。
きっと小さい方・・・
DSCF9946 (350x263)




今度はちょっと違うところで
むむむ・・・大きい方を頑張り中。
DSCF9948 (350x263)




この広~い砂場で
子猫は用を足してます。
後ろ姿がなんとも可愛い。
DSCF9949 (350x263)




大東の「日本の棚田百選」の山王寺の棚田
もう稲刈りが終わってました。
どの季節が一番きれいでしょうか?
DSCF9950 (350x263)




土日でぎゅっと詰まった日程だったので
帰ってからうたた寝する主人の上で もんちゃんも寝てます。
このあとすぐに返しましたが自分のお布団の匂いとあったかさで
クークー寝ていましたよ。
DSCF9956 (350x263)

いろんなご縁のドライブで楽しかったです。



今日の誕生花    アキノキリンソウ・・・幸せな人生  (花言葉ナビより)




スポンサーサイト
Category: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する