初めての嵩山登山

昨日は 嵩山に登山に行きました。
登山と言っても気軽に行けるところです。
前々から 山からの景色が見てみたかったので
天気の良いこの日は登山日和でした。
DSCN1340 (350x263)

最初は ちょっと息切れしながら 休憩しながらだったのですが
途中、ある方が「花に興味がありますか?」と声を掛けてくださって
見た感じ 山に慣れているようなおじさんでした。
そこから お花の説明・写真の撮り方などをしていただきながら
主人と三人で登山の道のりです。

DSCN1295 (350x263)

途中 見える松江の景色を見ながらゆっくり登ります。

DSCN1296 (350x263)

山野草は 何も知らないとすっと通りすぎるくらいの可憐さで
楚々とした印象を与えてくれます。

こちらは「コウヤボウキ」
茎が硬くなって 高野山の僧侶がホウキに使ったとのこと・・・
こうして 説明されると一回聞いただけで 忘れないですね。
DSCN1298 (350x263)


DSCN1301 (350x263)

「亀甲白熊」  めしべの数に特徴ありだそうです。
DSCN1302 (350x263)

写真の撮り方も教えてくださりながら ゆっくりと登ります。
DSCN1305 (350x263)

途中の葉っぱにアマガエル?
葉っぱのつもりとみずみずしい感じが可愛らしい。
DSCN1306 (350x263)

遠くに見える山の稜線をこんなに美しいと思ったことはありません。
DSCN1312 (350x263)

大根島や境港、大山 出雲は出雲ドームまで見えました・・・
なんか 世界がぎゅっと凝縮されているみたいで感動しました。
端から端まで全部見えることに感激でした。
DSCN1309 (350x263)


DSCN1308 (350x263)

ここで おじさんは大山や遠くは広島まで山のガイドをされる米子の
方だとわかりました。
だから 詳しかったんですね。
この方がいたからこそ 初めての嵩山は内容の詰まった登山になったのだと思います。
ご縁に感謝です。
もしかして 仙人じゃないかしら・・・なんて。
ここでおじさんは さらに奥の方でご飯を食べて帰ります・・・と歩いていかれました。
DSCN1311 (350x263)


大きなシイの木
DSCN1319 (350x263)

鳥の声しか聞こえない山頂に たまにシイの実がポトンと落ちる音が聞こえます
DSCN1322 (350x263)

懐かしいシイの実
学校の帰りに 秘密の場所に友達と拾いに行ったことを思い出します。
たくさん拾って帰って 水に浮かんだものは虫食いだと覚えています。
DSCN1324 (350x263)

山頂には神社があって 女性の神様だそうですよ。
ご参拝して 下山です。
DSCN1325 (350x263)


DSCN1327 (263x350)

ガイドのおじさんは 30分で登るとおっしゃってました。
私たちは いろいろ説明を受けながらゆっくりでも一時間もかかりませんでした。

ご縁に感謝の楽しい登山になりました。
おすすめの場所です。


スポンサーサイト
Category: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する